オーナー必見!超オススメの収益賃貸物件3種類

低いリスクが魅力的な貸し土地

建物は、時間経過と共にその価値が徐々にさがっていきますので、それに比例して賃料も下がってしまいます。しかし、土地には経年劣化がありませんので、賃料も一定額で固定でき、なにより、建物のようにリフォームや改修工事がほとんど必要ないといえます。最もオーソドックスな貸し土地に駐車場がありますが、駐車場は収益率が低いというデメリットがあります。そんなとき、オススメなのが、定期借地権です。定期借地権は、一定期間に土地を貸し続ける契約のため、賃料が減少することもなく、また建物改修リスクもないのでおすすめです。

意外に競合物件が少ない貸し倉庫

テナントビルや、賃貸マンションは、物件の数が圧倒的に多く、もし賃貸経営でこの手の物件から始める時は、競合物件が山のようにあることも覚悟しなければなりません。競合物件が山のようにあると言うことは、もちろん賃料下落リスクがあると言うことです。商売も賃貸経営も、競合が少ないほど、利益があがりやすいので、賃貸経営において、競合が少ない物件と言えば、「貸し倉庫」ではないでしょうか。基本的に郊外型の物件ですが、物件自体の数が少なく、その為競合物件も少ないため、おすすめ出来ます。

定番の貸しテナントビル

賃貸経営で、定番中の定番といえば、貸しテナント物件です。貸しテナント物件には、飲食向けのテナントビルと事務所向けのテナントビルがあります。前者は繁華街に多く存在しいますし、後者は駅の近くや幹線道路沿いに多く存在します。賃貸物件購入の決め手は、収益率にありますので、安い物件がおすすめできる物件といえますが、そんな安い物件が出やすいところが、繁華街にある飲食店向けのテナントビルです。安く購入できれば、ある程度家賃も下げることができますので、空室率も抑えられ賃貸経営が安定するのではないでしょうか。

日常の業務を円滑に行うために、賃貸管理システムは欠かせません。給与明細の計算はもちろん、プリントアウトも可能ですから、とても便利です。経理担当者の負担を減らすことができますので、作業時間の節約につながります。

Category: 未分類

- 2015年4月25日