ポスターを見栄え良くするための4つの裏ワザ

グループ化でデザインをスッキリさせる

デザインについて、全く知識がない人が作ったポスターというのは、広告デザインのプロフェッショナルから見ると、ひと目ですぐにわかるそうです。一番ありがちなのが、レイアウトのやり方です。素人がデザインしたポスターを眺めていると、散らかった子供部屋のように、おもちゃがあちこちに散乱している印象を与えるというのですから驚きです。ポスターのレイアウトを考えるときに、要素を関連するグループごとにはっきりと分けて、何を最も伝えたいかをわかりやすくすると、見ている人に主題が伝わりやすくなります。

整理整頓テクニックで情報を取捨選択

グループごとにテーマやメッセージを分けることができたら、今度はそれらを視覚的にスッキリ見せることが大切になります。私たち消費者が普段目にするポスターは、完成したものだけですが、そのポスターが完成するまでには何十通りもの試作品が作られているということをご存知でしたか?試作品が実際に紙に印刷されることもあれば、パソコンの画面でサンプルとして作られることもありますが、ポスターのデザイナーは数十パターンのレイアウトを考えるのが一般的です。少しでも見栄えが良くなるように、幾通りものパターンを考える作業を怠るわけにはいかないんですね。

しつこいと思われる寸前まで繰り返すこと

ポスターによって、そこに込めた思いを見ている人に伝えるには、メッセージを何度も繰り返すことが必要だとされています。繰り返すというのは、同じ色を敢えて何度も使ったり、同じ書体を何度も繰り返すことも含みます。この繰り返しによって、見る人に大きなインパクトを与えることができるんですね。考えてみると、テレビのコマーシャルなどでも、商品名や会社の名前などを、しつこいくらい繰り返していることがあります。人間の脳には、何度もインプットされた情報を重要だと認識する回路が組み込まれているといいますから、科学的にも根拠があるんですね。

激安コピー印刷を請け負っている通販サイトは高品質で短納期を実現しているので有効に活用してみる価値はあります。

Category: 未分類

- 2015年7月31日