ネットショップとして利用するweb制作の注意事項!その内容とは

フリー写真のモデルは避ける事が大切

フリー写真の中には人物となるモデルを配布しているwebサイトもあります。しかしながら、ネットショップとして利用する場合は望ましい物ではありません。写真の内容がモデルとして理解できる人もいますが、中には理解できず、実際に店舗で働いている人だと思う人もいますよ。フリー写真は多くの場所で利用されているため、悪い印象を与えるWEBサイトがあれば、その影響が、運営しているネットショップにも影響を与えるリスクがあります。そのリスクを軽減させるためにも、多少、お金を支払って利用するモデルの写真の方が望ましいと言えるでしょう。

良く見られる雛形は避ける事

よく見られる雛形を利用して制作すると安く抑えれる場合があります。雛形に対して、画像と文章を入れ替えて制作するため、早く制作する事も可能です。ただし、よく見られる雛形を扱った内容と言う物は、一見、何を伝えるWEBサイトか分かりづらく、購買意欲を損ねてしまう可能性がありますよ。特に、ブログの様なデザインは、情報を伝えるだけの内容だと思われる事が多く、この様なデザインは避ける事が大切です。又、デザインと言うのは、時代を現す事もあるため、流行りのデザインで制作する事も大切な内容になります。

商品の価値に優先順位を付ける

万人に受け入れるためには、扱う商品を同じ様に扱いたい思いが湧いてくる物ですよね。ただし、この内容は、商品を引き立てる事ができず、特徴の無いネットショップと思われる事もあります。押しを強く現すために、大きな商品画像を扱う内容と、それを引き立てるための小さな商品画像を利用する事によって、差が生まれ、商品を分かり易く伝える事が可能になります。一般的に、ネットショップで利用する商品画像の背景は白が多く利用されていますが、実際に利用している姿の写真などを併用する事によって、イメージが高まり易く、購買意欲を高める事が出来る可能性がありますよ。

WEBとは、サイトを探すときのWWW(ワールドワイドウェブ)のことです。web制作することで、文字や音楽や動画などをパソコンを使用して閲覧することができるようにするシステムのことです。

ホームページ制作会社の詳細
web制作会社の詳細はこちら

Category: 未分類

- 2015年6月20日