風評被害対策で業績アップ!間違った情報を伝えさせない

店舗だけでなく地域の風評被害にも注意を

地元の方であれば地域の間違った情報などは鵜呑みにせずに済みますが、観光客の方々は治安が悪い地域といった情報を直ぐに信じてしまうものです。特に犯罪などが多い訳でもないのに、暴力沙汰が多いといった風評被害に悩まされている方々は、地域ぐるみで風評被害対策を始めてみる事をオススメします。商店街全体で協力して風評被害対策を行う為に多くの資金を出し合うなど、一人ずつの資金的な負担を減らせる対処法は幾らでもあります。

恐怖を感じる風評被害にも対処をしましょう

この路地は夜中になると幽霊が出るといった風評被害は、意外なぐらいに大きなダメージを業績に与える事が多いです。特に夜中にまで営業している屋台などは、その路地自体で商売を行っているからこそ、幽霊が出る路地という情報が広まるだけで被害も大きくなってしまいます。自然と路地から客足が遠のいてしまった際には、風評被害対策を行う事で路地のイメージを変えてもらいましょう。イメージチェンジの手助けもしてくれるからこそ、業績アップも目指せますよ。

事故があった訳でもないのに風評被害が起きる事もある

この土地では以前に大きな事故があって、沢山の人が亡くなったという風評被害は日本にも沢山あります。その間違った情報が広まっているせいで、土地の買い手が減ってしまうという事も珍しくありません。土地を買った人に必ず不幸が起きるといった捏造まで繰り返されたりと、風評被害対策を行わなければ被害がどんどん大きくなっていく可能性もあるのです。その土地を高めていく為にも、土地に関する風評被害は早い内に対処をしておいた方が良いでしょう。

風評被害対策は正しい情報発信をする事が大切ですので、被害が出た場合はテレビやネットを使って信頼が出来る情報を流す事が重要です。

Category: 未分類

- 2015年5月27日