イーサネットって何?サービスを知っておこう

イーサネットは身近に使われている

自宅やオフィスで使われているLAN回線というものがありますが、このLAN回線に使われている技術企画がイーサネットなんですよね。LAN回線で接続されている多くのパソコンや機器を効率よく通信することが出来るという特徴があります。身近なところでいうとインターネット接続用のルーターなどがあります。とくにプロバイダの契約などが必要なく、すぐに利用することが出来るので非常に便利なサービスであるといえるでしょう。

広域イーサネットというものもある

広域イーサネットというサービスは、離れた場所同士をLAN回線でつなぐサービスです。この広域イーサネットを利用するには専用の工事が必要となるので、LAN回線を購入して自宅のパソコンなどにつなげば利用できる通常のイーサネットよりもお金がかかります。どのような場所で使われているかですが、主に会社で使われており、これは本社と子会社など離れた場所同士をLAN回線でつないで情報を伝達するときに使用するものになります。

イーサネットの歴史について

イーサネットが生まれたのは、1973年ころであり製作者はハワイ大学の教授なんですよね。このイーサネットは同年に特許をとっており、発明時の通信速度は2.94Mbpsで、これは当時のパソコンのスペックに合わせて設計されています。1990年代後半になるとマザーボードに接続用のジャックを直接取り付けて利用することが出来るようになりました。この段階でマザーボードにLAN接続用のジャックがついているのが当たり前になりました。

コンピューターネットワークの規格の1つです。現在、最も広く普及している規格で、私達が普段利用しているネットワークもイーサネットです。

Category: 未分類

- 2015年5月27日