会社の研修を受ける人に心がけてほしいこと

新卒採用と中途採用の研修内容について

今年の4月から入社した新入社員の人はいきなり仕事につくのではなく、会社から指定されている研修を受ける場合が多いでしょう。新卒の研修の内容は、挨拶の仕方、電話応対などの基本的なビジネスマナーやグループワークなどがあります。また専門的知識が求められる職業の場合、専門的知識に関する研修が行われる場合もあります。一方、中途社員の場合は、すでに基本的なビジネスマナーを身に付けていると考えられますので、あまり研修は行われないようです。

研修内容は必ず実務の場で活かすこと

企業が研修を社員に受けさせる目的は、はやく仕事を覚えて、実務の場で能力を発揮することにあります。研修は座学であることが比較的多いですが、学んだ内容を仕事で活かさないと、時間とお金の無駄となってしまいますので、研修を受ける際はその点に留意する必要があります。ただ研修する側も考えていて、学んだ内容は全て実務の場で発揮できるものなので、その点については心配いらないかと思います。近年研修内容は充実していますので、学ぶ側にとってはきっとためになるでしょう。

研修を受ける際の注意事項

研修の受けるにあたっての注意事項は研修する講師の方に失礼のないような態度をとることです。特に新卒社員の場合、意外に常識の面で注意をうけることがありますので、気をつけましょう。また、研修をするのが自分の会社ではなく、外部機関に委託している場合も注意が必要です。なぜかといいますと、自分たちのいる会社に独自のルールがある場合にそれに対応していないことがあるからです。研修を受けたからと安心することなく、会社のルールを覚えることが大事なのです。

各地に支店や支部がある大企業では、地域やグループを横断して行われる社員研修があります。そのため、お互いの情報を交換できる貴重な機会にもなっています。

お知らせ
社員教育で検索

Category: 未分類

- 2015年5月27日