賃貸不動産のトラブルを防ぐために、オーナーは何をするべきか?

手持ちの不動産、活用したいけれど。

相続などで不動産を入手したけれど、生活圏とは違うところにあるとなかなか自分では使いにくいものです。そういった物件をそのままにしておくのは、もったいないですよね。せっかくなら賃貸物件として貸してしまって、物件にお金を稼いでもらうというのはいかがでしょうか。賃貸物件と言うとアパートやマンションなどがまず思い浮かびますが、更地でも企業が近くにあれば駐車場や資材置き場として借りてもらえる場合もあるんですよ。

賃貸不動産のトラブルって、面倒そう!

しかし、不動産賃貸というと厄介ごとが多いイメージを持つ人も多いかもしれません。まず、借り手からの要請に応じて物件の修繕や管理もしなくてはなりません。特に、賃貸料の滞納があったりすると何度も請求しなくてはならなかったり、支払えない場合もなかなか退去してもらえないなどかなり厄介なことになるケースがあります。せっかく不動産を活用するなら、トラブルの発生リスクを抑えて円滑に行いたいですよね。そのためには、どんなことをすればよいのでしょう。

賃貸トラブルを減らすには、どんなことをすればいい?

不動産賃貸のトラブルとして多い家賃滞納時にオーナーの面倒ごとを減らすためには、賃貸保証サービスを利用して滞納時の請求や退去請求などを任せてしまうとよいでしょう。保証サービスの保証料は借主が賃貸契約時に負担するので、オーナーの負担はありません。保証サービスの利用には審査もあるので、悪質な借主を避けられるメリットもあります。賃貸保証サービスの利用に関しては、利用している不動産仲介業者に問い合わせてみることをおすすめします。滞納以外のトラブルとして都市計画法や設備の不備などで借りた物件が使用目的に合わず返金請求されることが稀にありますので、オーナーも契約前に物件についてしっかり把握しておくことが重要です。

シュレッダーを使って書類を裁断することで判別が不可能になり情報などが漏洩するリスクを抑えることが出来ます。

Category: 未分類

- 2015年5月26日